誰かに必要とされる記事なら、検索数が少なくても書くべし

私は以下の記事で、「検索される情報を書くことが重要」と書きました。

 

 

でも、「検索数が全てではない」ということも、ここで付け加えておきます。

 

多数決って、残酷

215

何かを決める時って、たいてい多数決で決めますよね?

でも多数決をするってことは、少数意見には耳を傾けないってことになるんです。

もし、少ない方の意見が正しかったとしても、多い方の意見を採用してしまいます。

これって、おかしいですよね?

 

たとえ検索数が少なくても、必要なら書くべし!

例えば、一人暮らし向けの情報サイトを作るとします。

「一人暮らし 光熱費」をグーグルキーワードプランナーで調べると3600。

「一人暮らし 防犯」で調べると390です。

光熱費の方が検索数が多いですが、防犯を無視するわけにはいきません。

これから一人暮らしをする人にとって、防犯についての情報はかなり気になるはず。

検索数が少ないからって、書かない訳にはいかないんです。

 

と言うか、検索数が少ないキーワードの方が、上位表示しやすい?

まあ、そういう考え方もあると思います。

でも、私は「検索されるか?」とか「上位表示されるか?」ではなく、がむしゃらに、必要な記事だけを書き続けたいです。

そうすれば、少しずつでもアクセスが集まると、信じてます。

 

アフィリエイトで楽しく稼ぐためのヒント、ここにあります!

→ あんこぺんぎんの初心者向け講座 




アフィリエイトに関することで分からないことがあれば、遠慮なく聞いて下さいね♪

回答が的確で分かりやすいと評判の私が、分かる範囲でお答えします。

感想も大歓迎! あんこぺんぎんが飛んで喜びますO(≧∇≦)o



↓ メールするなら以下の画像をクリック ↓

s-mail

→ あんこぺんぎんにメールを送る



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ